油断するとどんどん女子力が落ちて行く

女性は、やっぱり人から見られていないと綺麗にはなれない。
細くなりたなら、あえて露出する洋服やスカートなんかを選ぶと良いと、高校生の頃にスリムな同級生から教えられた。
私と彼女はほとんど同じ背丈なのだが、体重は30キロも違った。
そんな彼女から言われれば、やっぱりそう言うものなのかと素直に聞いてしまう。
でも、実際にブヨブヨの体でミニスカートやホットパンツでもないだろう。
いくら若いからと言って、許されるものと許されないものがある。
私の場合は、絶対に許されない。
でも、結婚して子供を産み子育てや家事などをやるようになってくると、その時の言葉の意味がとても良く分かってくる。
家の中にいることが多くなってくると、どうしても気が緩んでくる。
メイクする必要も無いと言えば無いし、服装だってどうでもよくなってくる。
それに、金銀系のアクセサリーなどもつける必要など無くなってくるのだ。
そうやって日々を送っているうちに、知らず知らずのうちに見た目は下がっていく。
やはり外でバリバリ働いている女性の方が綺麗をキープしているような気がする。
私もそんなどんどん落ちて行った一人である。
これではいけないと思い、努力して綺麗になるように心がけるようになってから、多少はよくなってきたと思う。
やはり、見られるということは女性には必要なことなのかもしれない。
静かな洋服を着ていたのに、最近ド派手な服装にしたり金髪に近い茶髪にした女性が近くにいる。
きっと、同じように何かに気づき何かに追われるようにお洒落し始めたのだろう。
私と同じだと思った。

«
»