シルバーカラーでシンプルなデザイン

金属アレルギーのため、主にプラチナ製を愛用しています。

20代の頃、大手宝石店に勤務していたこともあり、金額的には高額なものばかりでした。
また、4月生まれなのですが、4月の誕生石がダイヤモンドのため、身に付けるものはプラチナ製でダイヤモンドのみ、という自分ルールがありました。

宝石店という職業柄だったのか、周囲の環境的に金銭感覚も麻痺していたのでしょう。
社割で購入しても20~30万円ほどのピアスを身に付けることが当たり前でした。
私が身につけているピアスを見て、お客様がそれセンスいいわね、同じのある?というような接客に繋がる意味もありましたので。

ピアス選びは

ですが結婚し出産後、育児にピアスはとっても危険ということを身をもって知り、出番なしとなったピアスは売却してへそくりに。
数点売っても悲しいくらいの低額にしかなりませんでした!

今でも一番のお気に入りで、とても大切にしていた合計1ctのひと粒ダイヤモンドピアスは、どこに出ても、いくつになっても恥ずかしくない大きさとグレードのため、将来娘が大きくなった時に使ってもらおうと思って手元に残してあります。

40代になった現在は、アレルギー対応のステンレス製のガラスダイヤの安いピアスを愛用していますが、満足しています。

セカンドピアスの相談はコチラ
お仕事・学校で 目立たせたくない方のプチサイズや大胆にお洒落を楽しみたい方に向けて店長が対応
www.nadeshiko-st.com/c/sp

«
»