昔もらったネックレスの苦い苦い思い出

部屋の中を掃除していたら、いつぞや失くしてしまったネックレスが出てきたことがあった。
一人暮らしをしていた時のことである。
私にとってそれはあっても見つからなくても良かったもの。
なぜなら、見ると辛くなってしまう思い出があるネックレスだったからだ。
私も、人並みに恋をしてきた。
今はもう顔も覚えていない彼からプレゼントされたそのネックレスは、本当に嬉しくて幸せをいっぱいくれたものだった。
実はそれまで男性からちゃんとしたものを頂いたことがなかったから、とてもドキドキしたし何だか自分も一丁前の女性になれたような気がした。
でも、その後間もなく別れることになる。
彼は遠いところに転勤になり、それを機に離れることになったのだ。
あのネックレスを私にくれた時は、転勤のことを知っていたのだろうか。
それとも、その後に転勤が決まったのだろうか。
本当はそれが一番知りたかったこと。
でも、一番怖くて聞けなかったことでもある。
後者であれば、許せるのだ。
大人であれば、そんなこともあるのだろうと思える。
でももし前者であったのなら、どういうつもりでくれたのか分からない。
ネックレスには、このまま一緒にずっといようと言う言葉が添えられていたから。
そんな言葉も、始めて言ってもらえた言葉だったから本当に嬉しかったのだ。
一人暮らしをしていた部屋を出る時に、全部捨ててきた。
そこから主人のところへ嫁いだから。
もちろん今は無い。
この思い出を、ビタースイートと世間では言うのだろうか。
私にとっては、ただただ苦いだけの忘れたい記憶だ。

«
»