耳に5つのピアス穴

高校時代、右耳と左耳に1つずつピアスをつけていました。すると、チェーンのように連につけられるピアスが登場し始めてきたため、右に2つ目の穴をあけました。今度は、チェーンのようにつけた上のあたりに1つピアスがついていたら可愛いなと思い、右にさらに1つピアスの穴を増やしました。ピアスを買いにいくと大抵お店には5つセットで売っていたりすることが多いことに気づき、全部ついていた方が可愛いのでは…と思い、左耳に1つ穴を増やし、右3、左2の計5の穴をあけていました。ですが全て自分であけたものなので、定着するのに時間がかかってしまったり、結局すぐに穴が塞がってしまった穴もあり、結局いまでは1つずつしかピアスの穴は空いていません。痛い思いをしてあけたので、きちんと病院であけていればよかったな、と少し後悔しています。

まずはピアスの付け方について…友人の男の子が右耳に1つだけピアスをつけていたのですが、なんだか友達にいじられている様子。何故だろう?と思い聞いてみると、同性愛者の男の人が右耳に1つだけピアスをするアピールがあるらしく、そのことを言われていました。友人は結局左耳にもあけていました。あとは、ピアスを開けると人生が変わるというもの。ただ、新しい自分になったからそう感じるようにも思えますが、噂によると、ピアスは奇数個が良いみたいです。これはわたしの体験ですが、5個から4つになったとき少し悪いことがおこりました。3つになったときは、全体的に良いことが続いていたように感じられます。この話を聞いてから、個数のことはとても気にするようになってしまいました。

«
»